臓器移植Q&A

臓器移植全般臓器移植全般

移植後の食事、生活

移植後はどのような生活ができますか?
臓器ごとに移植後の生活は異なりますが、臓器移植後全般について書きます。
臓器移植を受けると、痛んでいた臓器の機能が戻るので、生活は一変します。合併症がなければ、社会復帰したり、活動範囲が増加したりして、生活の質(QOL; Quality of Life)が向上します。

しかし、免疫抑制薬を飲まないと、頂いた臓器を自分の免疫担当細胞や抗体が攻撃して傷めてしまいます(拒絶反応といいます)。そのため、一部の臓器移植を除いて、移植を受けた患者さんは一生免疫抑制薬を飲まなくてはいけません。
また、免疫抑制薬を飲むと、病原体(細菌、カビ(真菌)、ウイルスなど)からの防御機能が低下するので、感染症に罹り易くなります。そのため、いろいろな日常生活の制限が必要ですので、移植待機中にしっかりと勉強しておくようにしましょう。移植後守らなければいけないことが一杯あって大変なことも多いと思いますが、臓器を提供していただいたドナーを想えば、その臓器を大切にできるでしょう。
移植後の食事はどのようなことに気をつける必要がありますか?

下記のようなことに気をつけてください。

  • バランスの取れた食事を心がけましょう。
  • 脂質の多い食事は控えましょう慢性拒絶反応の要因のひとつになります。
  • 良質のたんぱく質を摂りましょうステロイド薬や手術の影響で筋力が低下しています。
  • 塩分を控えめに免疫抑制薬の長期服用によって高血圧をきたすことが多いため、インスタント食品や加工食品は避けましょう。
食べ物で、感染症や拒絶反応の予防に注意することはありますか?

消化器の感染症は下痢を起こし、薬の吸収を妨げます。そのため、“新鮮でないもの”は避けてください。ご家族の協力も大切です。移植した臓器によって、食べていいものが違いますので、詳しくは必ず、それぞれの臓器の移植のところを読んでください。
一般的に中止すべき食べ物は以下のとおりです。

  • 調理後2時間以上経過した食品
  • カビを含んだチーズ
  • 期限切れの食品
  • 自宅で漬けたつけもの  など
お薬の作用に関係する食べ物はありますか?

グレープフルーツなどの柑橘類の多くは、免疫抑制剤の血中濃度を上げるため食べないで下さい。
また、西洋オトギリ草を含むもの(ハーブティーなど)は、逆に免疫抑制剤の血中濃度を下げるため食べないで下さい。

移植をすれば社会復帰は出来るのでしょうか?
臓器毎に基準が異なりますが、規則正しい生活が出来、清潔な環境にある職場であれば退院後数ヶ月で復帰可能です。但し、感染症にかからないために、粉塵の発生する職場など衛生面で仕事内容を考えなければならない場合がありますので、職場復帰を考える場合は必ず移植チームに相談をするようにしましょう。
移植後運動はできますか?

移植後は体力増進、体重コントロールの為に積極的に適度な運動を行いましょう。移植まで寝込んでいた時間などにより筋力の回復は人それぞれです。寝込んだ倍の時間は回復までにかかります。焦らず出来ることから初めて、徐々に運動量を増やしてください。疲れを残したり、不規則な生活、暴飲暴食をしたりしないようにしなければなりません。

ペットを飼ってもいいですか?

はい。ただし、下記に気をつけてください。

  • ペットを飼う際は、猫、鳥は避けましょう。
  • ペットは出来るだけ室内では飼わないようにしましょう。
  • ペットの散歩は構いませんが、移植後3ヶ月以内はやめてください。
  • ペットを触った後は手を良く洗ってください。
  • ペットとのキス、口移しで食べ物を与える行為は避けてください。
  • 病気のペットの世話は誰かにかわって行ってもらいましょう。
  • ペットの世話は誰かにしてもらってください(例えば:ペットを洗う、ペットの小屋の掃除など)。
  • 動物の尿や糞便、嘔吐物がついているものには触らないで下さい。
  • 鳥はカビなどの菌を運んできたりするため、飼わないで下さい。もちろん手に乗せたりして、噛まれるような危険のある行為はしないで下さい。
  • 鳥からの落下物(特に鳩は真菌(カビ)を運ぶ)は、免疫抑制状態の患者さんにとっては危険です。
  • 日常生活では、鳥の多いところを通行するのは避けましょう。やむを得ず通る場合は必ずマスクを着用して下さい。
  • 猫は自由に行動し、ねずみなどを捕ったりすることで、感染を媒介することがあります。
お酒とタバコはいかがでしょうか?

免疫抑制薬を内服している人が喫煙を続けると、食道や肺の癌にかかりやすいという事が分かっています。癌にならないためにも、タバコは吸ってはいけません。また、喫煙は、移植した臓器の血管の内壁を収縮させ、細くしますので、慢性拒絶反応を促進し、悪化させることも知られています。

飲酒は禁止ではありませんが、過度のアルコール摂取は控えましょう。大量飲酒により嘔吐や下痢を起こすと免疫抑制薬が正しく吸収されません。また、免疫抑制薬はそれだけで、糖尿病などが発症しやすい上に、アルコールによって糖分をとりすぎる事は、さらにその危険性を増やすばかりです。
痛風を起こすと腎臓にも悪影響を及ぼします。提供された臓器を大切にするためにも、アルコールは少量たしなむ程度にしましょう。尚、当然ながら肝臓移植をした人は、禁酒してください。

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった