臓器移植Q&A

肺

移植後の食事、生活

外来ではどのような検査を受け、何をしたらよいのですか?

<外来について>

退院後も、病院での定期検査は必要です。拒絶反応や感染症が起こっていないかなど、胸部レントゲン写真やCT写真、肺機能検査、採血検査を定期的に外来で行います。
また免疫抑制剤の量を調節するために血液中の濃度を定期的に測る必要があります。免疫抑制剤を飲んでいても、移植された肺が拒絶反応で障害を受けることもあります。この早期発見のために気管支鏡検査を行うこともあります。

<食事について>

移植後には、感染予防の観点から加熱食が必要になるなど、食事の制限があります。各施設によって細かい違いがありますので、詳しくは各施設にお問い合せください。
一般的には、理想的な体重を保っていくこと、栄養学的に必要かつバランスのとれた食事をすることが重要です。グレープフルーツは、中に含まれるナリジンが大切な免疫抑制剤(シクロスポリンやタクロリムス)の吸収に大きく影響をするため、食べることができなくなります。

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった